読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんやかんやでやってきます。

情弱な僕がゲームや音楽のレポートを書いてきます。

ケツの穴開発レポート その2

前回の記事、そこそこ気合い入れて書いたのにアクセス数増えなくて残念でした。

 挫けずにに今回もアナル開発レポート書いて行きたいと思います。

↓ 過去記事 

dadapo.hatenablog.com

 

レポート第二弾は『アナルビーズ』です。

※今回も下の話なので苦手な方は閲覧しないでね。

 

 

はじめに

 

 上画像が今回のアナルビーズです。商品名『アナルヘブン ミニ

http://amzn.to/2dw08H1

私がよくアダルトコンテンツでみるのはビーズを繋いでいる物体が紐や鎖?(謎)な記憶があるんですけど、今回はボールと紐部分すべて柔らかいゴム状の何かでした。

スーパーボールみたいな感触でしたね。

 

全長25cm (挿入出来る長さは 実質20cm程度)

これでミニかよ…。 と呟いてしまった。(陰茎の平均サイズより長いです)

 

本体が長過ぎるので穴の周りの洗浄だけじゃ不十分だと判断し、直腸洗浄を実行することにした。

 

いつもアナルグッズを送ってくれている @eai04191 君にリプライを送った。

送ってくれました。(やさしいね!

 

f:id:dadapo:20161022204414j:plain

今回使用するのは「メディ プラスチック※右側の注入器

http://amzn.to/2egtjgu

 

左側の太いディルドはまだ使ってません!(半ギレ)

 

直腸洗浄にトライ!

色々調べた結果、お腹を冷やすのは良くないらしいので、お湯をシリンダー内に満たして、ケツの穴に針の部分を挿入後、注入のムーブで実行することにした。

 

↓実行後 (急いでケツをしまいスマホで助けを呼んだ)

 

 かなり焦りました、はい。

 

しばらく有識者(ケツの穴開発済み)とご友人のフォロワーとリプライを数回やりとりして精神を安定させました。

戻ってこないのは当たり前で、トイレなどで排泄するようにケツに力を入れれば排泄物と混ざったお湯が出てくるらし。(汚い)

 

それを数回くりかえすと、透明なお湯が出てくるとのこと。

 

↓ スッキリな気分になった僕

 

注入器を使った直腸洗浄のまとめ

一応、誰かが使うかも知れないので「お湯浣」の流れを説明しておく

  1. お湯(人肌程度)を作る :熱すぎるとケツの中が気持ち悪くなる 
  2. 針の部分を指で抑えてシリンダーにお湯をいれる
  3. 空気が逃げるようにしてピストン部をシリンダーに装着
  4. よく洗った肛門に注射針を挿れる:針が固くて痛かったんだけどどうにかならないですかね?
  5. ゆっくりとピストンを押し込みお湯を直腸内に移動させる
  6. ケツに力を入れてお湯を出す。(何度書いても汚い
  7. 1~6の工程を数回繰り返して出て来る水が透明になるまで頑張る。
  8. 終わり注入器は洗え

 

上記がお湯浣メソッドになる。活用してくれ。

 

直腸内がきれいになれば、アナルビーズを使って遊べ。

 

事後

 最後に

感想になるんですけど、腸って簡単にモノが入りますね。

前回使ったエネマグラは入り口付近の前立腺を刺激するグッズでしたけど、今回はクソ長かったんで(糞だけに)入るか不安だったけど楽しかったです。

 

あと未だにあまり強い快感を得れてないのに腹がたってます

はたしてケツには性感帯があるのかどうか。

アナル開発の最終目標は『ケツだけで絶頂に達する事』なんで、協力してくれる方は是非ご一報を。

(リアルであって開発してあげるよ♡ みたいなのは NO THANK YOU )

 

こんな汚い記事を最後まで見てくれてありがとな。